<< 昨日は大多喜の森の見学会(筍堀付き)でした | main | 0676_House---上棟式 >>
ヤング係数の測定
100430-yangu-01.jpg

4月30日のことですが
千葉県で工事がすすんでいますI邸の梁材について
建主さん立ち会いのもと
ヤング経数の全数測定を行いました。

測定機械はATA社のハンディグレーダーHG-2001。
JAS認定の測定器です。
今回は木の研究会の仲間である秩父の金子製材さんよりお借りしました。

構造材についてヤング係数の測定を行いました。
建主さんも測定に参加。
木材の小口を専用のハンマーで叩いた時の音で測定します。

100430-yangu-02.jpg

結果はと言うとE50が二本あったので
それについては荷重を受けないところに使ってもらうようにお願いしました。
それでも、全体的にはE90平均。なかにはE110も何本かありました。
千葉の杉材は経験的には強いと感じていましたが
それを裏付ける結果がでました。

材を出してくれた斉藤造林の斎藤さんも嬉しそうです。
E90の表示を見せてくれています。

100430-yangu-03.jpg

木材の品質について、意識的であるということはとても大切なこと。
経験と勘も大切ですが、こうした客観的な数字の裏付けがあれば心強いし
建主さんも安心です。
| 森をいかす家づくり | 16:57 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする