<< hinata_Houseが上棟しました | main | ちばコープ物産展「きやっせ2007」に参加します >>
hinata_Houseのプレカット
昨日上棟しました「hinata_House」では
大多喜町から木材を買い付けるだけではなくて
地元の大工さんに墨付けと刻みまでお願いしました。

これは、プレカットが主流となっている今の時代に
大多喜の木材を、さらに広く流通させるためのひとつの試みです。
現在、木造在来工法の家はプレカットが主流になっています。

その原因の第一は、
プレカットの方が大工さんの手で加工する(手刻み)よりも安価に出来るからです。
おおよその話ではありますが、30坪くらいの家ですと、プレカットでは30万円くらいですむものが
手刻みでは60万円ほどかかります。30万円の差は大きいですね。

第二に、若い修行中の大工さんが少なくなったということです。
これは、どういうことかと言いますと
簡単な手刻みの作業は、修行中の大工さんにとっては道具の使い方を覚えるのに最適です。
そういう人がたくさんいれば、手刻みという作業もつくる側にとって大きな役割を果たすのですね。
大工さんの見習いが減った分、プレカットが繁栄しているとも言えます。

こうして、プレカットが主流になってきますと
町から材木屋さんが駆逐されることになるのです。
というのも、プレカット業者のほとんどが
郊外の広い土地に巨大なプラントを建て、
全国各地にブローカーを派遣して、一円でも安い材木を大量に買い集めてきて
それを加工して売る、という商売だからです。
プレカットでは、材木は町場の材木屋さんを通して流通しないことになるのです。
それでは材木屋さんは商売が成り立たなくなる、というわけで
材木屋さんの多くは、アルミサッシュやシステムキッチン、ユニットバスを売ることを商売の主流にかえてはじめています。そういう時代の動きに対応できずに店をたたんでしまう材木屋さんも少なくありません。
残った材木屋さんには材木を置いておく場所は必要でなくなり
店先に材木が立てかけてあるような材木屋さんは町から姿を消すことになるのです。

一方、工務店さんも、墨付けと刻みをするためには、それなりの広さの作業スペースが必要であり、
そうした作業スペースを自前で持っている工務店さんというのは、実は大変に少ないということがあります。
これほど、プレカットが普及する前は、自前のスペースがない工務店さんや個人営業の大工さんは、材木を買うという条件でその材木屋さんのスペースを借りて墨付けと刻みをやっていました。
しかし、プレカットであればそういった場所を確保する必要でなくなります。
特に東京など大都市圏では、場所代がかかりますので、
そうした場所が必要でないというのは大きく経費の節約にもなります。
それ故、プレカットでなければ木造の仕事を引き受けられないという工務店も中には出てきました。

私は、決してプレカットに批判的なわけではありません。
プレカットのコストパフォーマンスや
事前に、図面で細かな打ち合わせが出来ることなど利点も沢山あります。

修行中の若い大工さんのために手刻みの仕事を用意してあげる必要性ということももちろんありますが
よく仕事をお願いしている板橋の工務店さんでは
ほとんどプレカットでやっているのに、若い大工さんはちゃんと育っています。
ですから、手刻みをしないと若い人が育たないということでもないのです。

そう考えますと、やはり、
プレカットで木造住宅をつくってゆく現在の構造は否定できませんし、
そのなかで材木を流通させることを考えてゆかないとダメだと思うのです。

いままでは、「森林をいかす家づくりの会」では
大多喜の森から材料を出してもらうことしかやってきませんでした。
しかし、それでは、プレカット中心の現状に対応できていないわけですね。

そういうわけで、千葉県の杉材をもっと流通させるためのひとつの試みとして
今回は、大多喜の大工さんの手によるプレカット(これもプレカット!)での材料提供をやってみることにしました。

この試みのもう一つの良い点は
大多喜の林業家のところにお金を還元するだけではなくて
地域の大工さんの手元にも還元が出来るということです。
林業家だけが潤っている仕組みでは
決して地元の理解を得ることが出来ないし、
地元の理解がない仕組みは長続きはしないというのが
我々「森林をいかす家づくりの会」の考えです。
| 森をいかす家づくり | 17:37 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする